沿革

 当社は、米澤義槌が戦前より東京深川の当社本店所在地にて米澤酒造(株)の酒類販売を行う傍ら、戦後引き上げ後、昭和23年4月に(株)天龍商店を設立し、アミノ酸醤油、わさび漬けの製造販売を行い始めました。その後半世紀余り、日本全国の味噌の取扱いを中心として18,000点を超える総合食品の卸売業を営んで参りました。(お取引先様一覧
 平成に入り、バブル経済の崩壊とともに経済の一層の合理化が躍進し、当社の資本力においてその業態の存在意義・将来的可能性・社会貢献、そして企業価値を時局に鑑みた結果、永年営んで参りました総合食品卸売業、小売業、飲食業などを平成15年(2003年)3月で部門撤退いたしました。
 会社設立60周年(平成20年)を機に、ここ数年の事業再構築によって再編された事業を中心として、新たに「スパイス事業部」を再創設。創業時の原点に立ち戻り、永年研究開発して参りました熟成スパイス「天龍」がこのほど試験完成し、平成32年度より販売できる体制を整えております。
 今後は、自社の経験と信頼、そして当社の持ちうる経営資源を活かし、法令遵守で再度業容拡大を目指し社会に貢献して参ります。

天龍株式会社 ロゴ及びブランドロゴの沿革

昭和23年〜39年

(戦前)
昭和10年5月
(1935年)

**********
昭和23年 4月
(1948年)

当社本店所在地にて米澤酒造株式会社東京支店として「今錦」・「天龍」の販売を始める。

****************************************
資本金195,000円で(株)天龍商店設立。
アミノ酸醤油,ワサビ漬の製造販売を行う。
千代田銀行(旧三菱銀行、現三菱東京UFJ銀行)と取引開始。


昭和25年 6月 味噌の統制が解除になり、味噌の卸売りを始める。
昭和26年 12月 資本金750,000円とする。
昭和28年 7月 資本金1,500,000円とする。
昭和29年 8月 倉庫(1号庫)を建設する。
昭和32年 6月 資本金3,000,000円とする。
昭和33年 1月 倉庫(2号庫)及び独身寮を建設する。
昭和36年 7月 資本金5,000,000円とする。
11月 本社事務所を新築する。
昭和37年 7月 資本金8,000,000円とする。
昭和38年 5月 天龍株式会社に社名変更する。
7月 資本金12,000,000円とする。
10月 溝の口総合卸売市場内に川崎営業所を開設。
昭和39年 3月
(1964年)
醤油製造工場の一部を倉庫兼用に改築。
味噌醤油専門の卸売りであったが営業所展開の為、調味料を中心とする加工食品の取扱を始める。
12月 相模原総合卸売市場内に、相模原営業所を開設。

天龍野球部


社員旅行 韓国ソウル


当時社内風景

昭和40年〜64年

昭和40年 7月 資本金16,500,000円とする。


池袋東武百貨店 SPICE
天龍




11月 松戸総合卸売市場内に松戸営業所開設。
昭和41年 1月 浦和卸売市場内に浦和営業所を開設。
昭和43年 4月 熊谷食品卸売市場内に熊谷営業所を開設。
10月 千葉県食品流通センター内に松戸北営業所を開設。
昭和44年 6月 女子独身寮建設。
9月 船橋市中央卸売市場内に、船橋営業所を開設。
10月 長野県茅野市蓼科高原に保養施設を建設。
昭和45年 5月 大宮中央青果市場内に、大宮営業所を開設。
昭和46年 7月 資本金2,500万円とする。
11月 池袋東武百貨店SPICE内に「酒と四季料理 天龍」開設。
11月 柏市公営総合地方卸売市場内に、柏営業所を開設。
昭和49年 8月 男子独身寮を移転する。
11月 八王子総合卸売センター内に、八王子営業所を開設。
昭和50年 3月 倉庫を増設する。(東京都江東区常盤)
5月 倉庫でC&CT.C.FOOD’Sを開設。
昭和51年 6月 関東地区のタケヤ味噌代理店5社及び関東タケヤ味噌販売株式会社設立。当社は江東支社となる。
昭和53年 4月 千葉東興株式会社を買収。
千葉市中央卸売市場内に、千葉営業所を開設。
11月 C&C T.C.Foodsを墨田区立川一丁目に移転する。
昭和54年 6月 トチフトール株式会社と資本提携する。
千葉県経済連とトチフトールの販売契約を締結する。
昭和56年 6月 トチフトール株式会社増資により、当社の全額出資となる。
昭和59年 1月 トチフトール工場を増設する。
昭和61年 6月 新本社屋千葉県習志野市にて地鎮祭挙行。
12月 新本社屋及び物流センター竣工落成・披露パーティー挙行。
昭和62年 1月 新本社屋及び物流センターに於いて事業開始。
4月 新本社屋移転により男子寮を秋津団地に移転。
5月 C&C 松戸店開設。
昭和63年 3月 千葉北インター倉庫を建設。(千葉市花見川区千種町)

当時社内風景

平成元年〜

平成 2年  9月 「酒と四季料理 天龍」リニューアルオープン。
(1990年) 10月 江東区常盤町に機械式立体駐車場設置。
平成 4年 9月 本社物流センター内物流合理化の為機能強化及び増設。
平成 6年 10月 C&C T.C.Foodsを業務用食材販売に業態変更し、
TENRYU森下店」として改装オープン。
平成 7年 10月 業務用食材販売「スマイルQ 亀戸店」オープン。
平成 8年 7月 業務用食材販売「TENRYU 大塚店」オープン。
平成 9年 6月 C&C松戸店を業務用食材販売部に併設し、
TENRYU松戸店」オープン。
12月 代表取締役社長 米澤英樹 就任。
平成12年 10月 業務用食材販売「TENRYU池上店」オープン。
平成13年 5月 代表取締役社長 米澤龍太郎 就任。
事業再構築案の策定を終了。
6月 事業再構築を開始する。
8月 事業再構築を実施するための暫定本社を東京都江東区常盤へ設置。 総合食品卸売部門を部門撤退。
12月 業務用食材販売部・小売り事業部を全店閉鎖し、部門撤退。
平成14年 5月 幕張倉庫を汎用性大規模改修工事する。
12月 「酒と四季料理 天龍」を閉鎖し、部門撤退。
平成15年 3月 事業再構築が終結し、本社を東京都江東区高橋2−5へ移転する。
4月 新業態で、新たなスタートを切る。     
平成16年 3月 新業態で過去最高益を達成。
平成17年 3月 新業態で増収最高益を更新。
平成18年 3月 増益を更新。
平成19年 3月 四期連続黒字決算を達成。
平成20年 4月 創業60周年。
5月 スパイス事業部を再設立。
10月 スパイス事業部にて熟成スパイス味噌「天龍(仮称)」を製造開始。
平成22年 5月 HPリニューアル。
(2010年) 12月 熟成スパイス貯蔵庫改修。
平成32年 5月 熟成スパイス味噌「天龍(仮称)」を発売開始予定(国外)。